スポンサード リンク


武井壮の陸上十種の記録は?トレーニング理論が素晴らしい!!

芸能界ではお笑いのセンスはよくないのに、
その他の特技を持っている人はいます。
そんな人物の1人は武井壮です。

image.jpeg


タンクトップを着たお兄ちゃんですが、
彼が現役時代に持っていた記録はすごかったみたい。


陸上十種をやっていたのですが、
どんな記録だったのでしょうか?


武井壮は、1997年の第81回日本陸上競技選手権大会
十種競技において、優勝しています。


しかも、まだ本格的に陸上を始めて、2年半!
大学に入ってから、やったのだ。


陸上の十種競技というのは、
・100m、110mハードル、400m、1500m
・走幅跳、走高跳、棒高跳
・砲丸投、円盤投、やり投
と「走る」「跳ぶ」「投げる」という
すべての運動能力が必要です。



高校の時には意外にも
体育会ではなくて、地理歴史研究部!!
何じゃ、それ?



スポンサード リンク







ただ1997年の第81回日本陸上競技選手権大会
十種競技で優勝をしただけではなくて、
その時に武井壮が出した100mの10秒54という記録は、
18年間破られていない記録です。



18年間…。
確かに、100mの10秒54という記録は速いよね。



どんな方法で、
武井壮はトレーニングをやっているのかな?



武井壮は頭もよくて、学年TOPクラス。
教員免許も持っていますので、
日々のトレーニングでも頭で考えながらやっています。
何冊も本を読んだり、学んでいました。



やがて…。
1番重要になるのは、
「自分の体を思い通りに動かせるようにすること」。
というふうに気がつきます。
自分の全身に気を配っていくそうです。






手や足や腰や首や頭…。
すべての部分を自分のイメージ通りに
動くように鍛えていきます。



ただマッチョなだけではダメで、
神経や筋肉すべてをコントロールするそうです。
そんなことできるの?



武井壮は大学卒業後はアメリカに行って、
ゴルフ天才プレイヤー育成プロジェクトに参加しました。


ゴルフ経験は全くなし!
それなのに、ヘッドスピードがジャンボ尾崎と
タイガーウッズ並みにあったそうです。



プロジェクトに合格したのは、たったの4人です。
・世界ジュニアチャンピオン1位の人。
・世界ジュニアチャンピオン2位の人。
・日本学生チャンピオンの人。
・武井壮。


修業をしたものの、ゴルファーとしては大成しなかったのですが…。



すごいのか?
中途半端なのか?
よく分からん男が武井壮です。



そんなにすごいのならば、
テニスの錦織圭のようになったらいいのにね!
ビミョウ〜〜なんだな。




スポンサード リンク

posted by vix at 22:29 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。